香川県|徳島県|愛媛県|高知県|岡山県 古本・雑誌・フィギュア・レトロゲームの出張買取や宅配買取はハシビロ屋

ハシビロ屋 古本・おもちゃの出張買取

全国古書籍商組合連合会加盟店

  • 買取お申し込み
  • お問い合せ・お見積り
  • 査定&お問い合わせ

ハシビロ屋の社会貢献

カテゴリー一覧

087-887-4670(受付時間 10:00〜22:00)

  • 買取お申し込み
  • お問い合せ・お見積り
  • 査定&お問い合わせ

新着情報・ブログ

大阪府よりスピリチュアル・精神世界系書籍の宅配買取

2019年12月12日 by hashibiroya

大阪府のお客様から宅配買取をご依頼頂いた商品が到着しました。

今回はスピリチュアル、精神世界、密教、ヨガなどの本の買取です。

当店はこのような書籍の専門店なので大歓迎です。

 

買取した霞ヶ関書房 エメラルドタブレットなど

 

買取した霞ヶ関書房の本

 

素晴らしい内容です。ミュリエル・ドーリルのエメラルドタブレットや各真義シリーズ、ダリル・アンカなどの確かな名著たち。

丁寧に読まれたご様子で、傷みや汚れは殆ど有りません。非常に丁寧に扱われた様子です。

 

エメラルド・タブレットや真義シリーズは何度も読み返される方も多く、状態が悪い場合もよくあります。

当店は古本屋ですので、状態の悪い本でも、もちろん買取可能です。

しっかり学んだ物をお譲りいただく時は身が引き締まる思いでお取り扱いしています。

 

一方で、非常に丁寧に読まれる方や、自分には合わなかった物をお片付けする方もいらっしゃいます。

 

いずれも大切な御本をお任せ頂いた緊張感を持って、1冊1冊向き合っています。

様々な人がいて、様々な古本がある。そういう物に向き合いながら、日々勉強しています。

 

当店はスピリチュアル・精神世界系の古本を買取させていただき、次に求めている方へ引き継いできました。

今回の御本も必ず次に必要とされる方へお渡しさせて頂きます。貴重な蔵書の整理を当店にお任せ頂きありがとうございました。

 

当店のスピリチュアル系・精神世界本の買取について

 

精神世界の本スピリチュアルの本

 

スピリチュアル・精神世界などのジャンルの買取は、当店が力を入れているジャンルです。

最近~10年くらい前の新しい物はもちろんの事、数十年~100年以上前の古い物まで、幅広く取扱いしています。

例えば19世紀に設立された神智学協会の物、19~20世紀にかけて活動したアリス・ベイリー、ブラヴァツキー、チャールズ・ウェブスター・リードビーターなどの物も歓迎します。

 

黄金の夜明け団、アレイスター・クロウリー関連などの魔術系も取扱しています。

神秘、オカルト、魔術、占星術などのディープなジャンルでも大丈夫。もちろん、近年刊行された物でも歓迎します。

 

魔術・四柱推命・占星術の本神秘・オカルト本

 

当店がスピリチュアル・精神世界系書籍を取り扱う理由

 

たくさんのジャンルがある古本買取で、なぜスピリチュアル・精神世界系書籍を取り扱うのか?

実はちょっとした理由があります。

 

少し自分の話をします、

当店の開業は2008年のリーマンショックの年でした。

 

僕はそれまでは本が好きな派遣社員だったのですが、リーマンショックにより派遣切りされてしまいました。

世の中は不況、明日をも知れぬ日々を過ごしながら職安に通う日々。

たぶん、人生で一番辛い時期だったと思います。

 

僕はその時29歳。

どうすればいいのか?まったくわかりませんでした。

 

頑張って働いた。それでも報われないのは何故だろう?

同僚や上司に評価されていても、クビになってしまったのは何故だろう?

 

出口の無い問いかけ、日々減っていく貯蓄、いくら応募しても決まらない仕事。

職安に通う足取りは日に日に重くなっていきます。

 

自分に価値は無いのだろうか?

どうして頑張っている自分を誰も評価してくれないのだろう?

そんな事を考えながら、失意のどん底で過ごすうちに、一つの考えに至ります。

 

全ての出来事は自責である。

誰かのせいにするのはやめよう。短い人生なのだから自分の好きな事をしよう!

 

会社が悪い、世の中が悪い、それは恐らくその通りかもしれません。

今振り返っても、あの時は皆が苦しんでいたと思います。

時代が悪かった、自分は悪くない。そう思って失意の底で暮らす選択肢も有りました。

 

それでも、自分の人生だから

 

自分で責任を取り、自分で進んでいこう。そうすれば、少なくとも誰かのせいにして日々を過ごす事は無い。

自分で決めて、自分でやった事なら、出口の無い問いを繰り返したあの日に戻る事は無い。たとえ失敗したとしても。

 

どうせやるなら好きな事を仕事にしよう。これから何十年も続けるのだから。

僕はそう決めました。

 

自分は何が好きだろう?

 

 

そう思った時、本が好きである事に気付けました。(アニメ、ゲーム、おもちゃなども好きで、後にそれらも仕事になりハシビロ屋が有ります)

 

業務の休憩時間やお昼休み、僕は決まって本を読んでいました。

皆がコーヒーやお茶を飲みながら談笑している時、少し離れた所で本を読んでいる変わった奴、それが僕です。

今思えば、よく仲間外れにされずに仕事ができたものだと思います(汗)

 

そうだ。古本屋をやろう

 

四国の香川県高松市は、徳川御三家に連なる高松松平家のお膝元です。

昔から文化的なものが盛んで、教育熱心な土地柄でもあります。

古本屋をするのに、とても適した土地だと思えました。

 

香川県も他の地方自治体と同じく、高齢化が進んでいます。

蔵書の片付けで困っている人の話は、派遣社員をしていた頃からよく耳にしていました。

 

今思えば、よくもこんな理由でスタートを切れたものだと感心半分、呆れ半分です。

若いって凄いですよね(汗)

でも、多少考えなしだったかもしれませんけど、人生をかけて本気でやろうと思いました。

本気ではじめたので、開業から3年は一日たりとも休んだ事は有りませんでした。

 

右も左も分からない所からのスタートでしたから、最初は毎日が不安でした。

お客様は来るでしょうか?

買取にお伺いして失礼はないでしょうか?

何か気が付かない大きな失敗をしていないだろうか?

そんな不安の中、助けてくれたのはお客様や同業者やパートさんでした。

 

運んでいる途中で本を崩してしまった僕を、ニコニコ笑いながら許してくれたお婆さん。

夏の盛りに大汗を流しながら荷物を運んでいる僕に、冷たいお茶をくれたおじさん。

帰り際に「ありがとう」と言ってお菓子とお茶をくれた学生さん。

お前が古本屋やるならウチもお願いすると言ってくれた友人。

そんな人達に助けられながら、一つ一つ勉強していきました。

 

古書組合に加入して、諸先輩方の手伝いもしました。

最初は絶対に足手まといだったと思います。本ってどうやって縛るのですか?がスタートですからね・・・。

イヤな顔もせずに基本を教えてくれた諸先輩方には感謝しかありません。

 

初めてパートさんに仕事をお願いした時、きっと声が震えていたでしょう。

適切な指示など出来ようはずもありません。

それでも僕をバカにする事なく、誠実に業務を遂行してくれました。

 

ここはこうするのだと教えてくれた先輩。

あの仕事やっときましたよと先回りしてくれたパートさん。

忙しいの?手伝うよと言ってくれた同年代の同業者たち。

要所要所で先輩や、同業者や、パートさんや、友人知人や、もちろんお客様にも助けられて、何とか生活していけるくらいの体制が整いました。

 

開業から数年で生活していけるようにはなりましたが、僕は一人では何も出来ませんでした。

もしも開業した時に誰も助けてくれなかったら、僕はここに居ないでしょう。

もし、派遣社員の時に本を読んでいて仲間はずれにされたら、人や本が嫌いになっていたかもしれません。

人のご縁と手助けによって生かされて、ようやく独り立ち出来た事が、僕がスピリチュアル・精神世界の本に興味を持ったきっかけです。

 

また、僕は香川県で生まれ育ったのですが、四国では八十八ヶ所をめぐるお遍路さんを日常的に見かけます。

大窪寺にしだれ桜を見に行って(時にはお蕎麦を食べに行って)お大師様に手を合わせるのは日常です。

お正月には八栗さん(八栗寺)へ坂道を歩いてお参りに行ってます。

子供の頃から慣れ親しんだもの、生まれ育った地域、様々なものが僕を形作っているのだと、今になって思います。

「気づくの遅いよ」とお大師様に笑われるかもしれませんが。

 

当店はコツコツとやっている地方の店舗ですが、日本全国より多数のご依頼を頂き、リピーター様も多数ご利用頂いてます。

何もない所から始めた古書店で、スピリチュアル・精神世界、占い、タロットカード、オラクルカードなどのアイテムの取扱数は10万点を超えました。

当店の取扱アイテム全体を通してみれば、もう100万点を超えるアイテムを取扱いさせて頂いてます。

たくさんの方にご利用頂き、その経験を元に学び続け、お客様に還元する。

幸せな仕事をさせて頂いていると感じます。

 

 

大手古書店やネット買取店について

 

他店の事になりますが、少し余談を。

スピリチュアル系書籍の買取は最大手新古書店さんでは1冊5円~500円程度で一律査定をしています。

また、ネット買取のお店が多数ありますが、かなりのお店にこんな感じの買取不可表示がありますね。

 

ISBNコード、バーコードの無い本は買取出来ません

個人出版、流通が確認できない物は取扱しません

非売品、定価のないものは買取不可

 

ご自身がお持ちの書籍やアイテムが該当する方も多いかと思いますが、お困りでご連絡頂くお客様も多いのでここで明言します。

当店ではISBNコードの無い本、個人出版、非売品、流通がほぼ無い珍しい物、教材、その他特殊な物まで買取しています。

物の価値を決めるのは人です。専門的な物は必ず求めている方がいらっしゃいます。

次に使う方が居らっしゃる物には必ず価値が有ります。

コードが無い、流通ルートに乗っていない物でも、次に必要とされる方へ引き継げるからこその専門店です。

 

本の価値は内容で決まります。

 

 

当店の場合、例えば精神世界やスピリチュアルを深く学ぶ方がよくお持ちの、霞ヶ関書房や八幡書店の物でしたら、1点1000円以上で買取出来る物もたくさんあります。

絶版の物や人気の物は、状態にもよりますが1点2000~1万円以上で買取している物も有ります。

 

 

当店は専門店として良書を求めているので、お売り頂ける物を本気で見ます。そして、価値を知っているから還元します。

 

そして何よりも、書籍を正しく評価する事によって、次に必要な方へ届ける事が出来ます。

たとえば、価値の分からない店に並べられた専門書は、俗に「せどり」と呼ばれる転売業者に買われていきます。

価値が分からず求める方に届ける事が出来ない店は、安売りで商品を売り捌きます。

安売りすれば転売業者が買い占め、利ざやを抜かれてしまいます。

 

抜かれる利ざやは本来であれば手放す方に還元され、次に買う方に適切に届ける為に使われるものです。

間に転売業者が入る事は、学び終わった方と、次に学ぶ方にとって不幸な事だと思っています。

 

ハシビロ屋では状態やタイトルなどを考慮して、多数の買取と販売をしてきたプロが査定します。

全ての買取品は、店主である僕が見る事になっていて、例外は一切ありません。

その上で、知識と経験に基づいて査定を行い、必要な方の元へ届くように販売しています。

 

ちなみにこのブログも全て店主の僕が書いています。

大切に集めた物をお売り頂く判断の元となる記事を、ライターやパートさんに任せるのはおかしいと思っているので。

当たり前の事だと思っていますが、当たり前の事をコツコツ続けようと頑張っています。

 

ありがたい事に北は北海道から南は沖縄まで、全国から多数のスピリチュアル系・精神世界系の本やアイテムの買取依頼を頂いています。

嬉しさと同時に、信用して頂いた責任で身が引き締まる思いも有ります。

今後とも日々勉強してまいりますので、どうぞお引き立て下さいますようお願い申し上げます。

 

スピリチュアル、精神世界、ヨガ、密教、魔術、ヘミシンクなどの整理をご検討の際は是非当店にご依頼下さい。

遠方の方は宅配買取で、近隣や大量の方は出張買取でお伺いします。

ご相談、お見積りなどお気軽にお問い合わせ下さい。

 

LINEでお見積もり、査定をしています。下のボタンから友達追加してお問い合わせ下さい。
友だち追加

 

LINE査定のやり方はこちらをタップして下さい。

 

スピリチュアル・精神世界のブログ記事一覧はこちら

スピリチュアル・精神世界アイテムの買取実績はこちら

買取のお値段と実績をご紹介します!

087-887-4670(受付時間は年中無休で10時から22時)

  • 買取お申し込み
  • お問い合せ・お見積り
  • 査定&お問い合わせ